わたし達はもう、非常事態宣言の前には戻れない|視えてる左利き

視えてる左利き|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

LINE公式アカウントで承ります。

返信が翌日になることもあります。

お問い合わせ用ページ

わたし達はもう、非常事態宣言の前には戻れない

非常事態宣言は解除された。
でも、わたし達はもう、
非常事態宣言の前には戻れない。

なぜなら、
非常事態宣言の自粛生活を通じて、
わたし達は気づいてしまったから。

「非常事態宣言が発令される前の方が、
 よっぽど非常事態だった」
ということに。

満員電車での通勤。
残業に次ぐ残業。
風邪をひいても休めない。

それが、非常事態宣言の自粛生活では、

テレワーク等で満員電車が若干緩和され、
残業が緩和され、
体調が悪ければ休めるようになった。

非常事態宣言で、半ば強制的に
「無理しない日常」を体験したのだ。

そういう意味では、新型コロナは
人類に付けられたリミッターだ。
言うなれば、
ウルトラマンのカラータイマーのようなものだ。

安倍首相が言っている
「新たな日常」とは、
「無理しない日常」に他ならない。

そのかわり、今後は
大安売りのような「買わせる売り方」や
生活残業のようなことはできなくなる。

無理せずに生計を立てるために、
知恵を出して実践していくことになる。
それが究極の、
新型コロナ対策になるはずだ。

政府を批判している場合じゃない。
他人を誹謗中傷している場合じゃない。

非常事態宣言の自粛生活は、
「無理しない日常」の準備期間にすぎない。

これからが本番だ。


わたしの素性は、こちらをご覧ください。
黒歴史を含むプロフィール