リストラや退職勧奨は、本音に気づくチャンスでもある|メール専門・本音のセラピスト

メール専門・本音のセラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

リストラや退職勧奨は、本音に気づくチャンスでもある

リストラや退職勧奨は、
経済的なピンチであると同時に、
本音に気づくチャンスでもある。

それは
「あなたが進むべき道は、こっちじゃない」
という、お知らせなんだよね。

冷静に、振り返ってみて。
あなたはおそらく、自分を犠牲にしてまで、頑張ってきたと思う。
その頑張り、報われてる?

わたしも退職勧奨を受けて辞めたからわかるけど、
前の会社にいた時の頑張りは、全然報われていなかった。
というより、
何をどう頑張ればいいのかわからなくて、やる気だけが空回りしていた。

むしろ、わたしより楽してるようにしか見えない人の方が、
わたしより成果を出していた。

だから、リストラや退職勧奨は
「あなたには、もっと楽に成果を出せる道がある」
というお知らせでもあるんだよね。

わたしは、前の会社ではプログラマーだったけど、
今はセラピストをやっている。
これは「前職は、全然向いていなかった」ということだよね。
自分でも、プログラマーよりはセラピストの方が向いていると思う。

だから、今の収入に囚われないで。
リストラや退職勧奨を受けたこの機会に、視野を広げてみて。

大丈夫。
わたしも47歳で退職勧奨を受けて退職して、53歳でセラピストになった。

本音で行動すれば、何歳からでも道は開ける。
残りの人生の中では、今この瞬間が一番若いんだから。

そのためのお手伝いもやってるよ。
退職勧奨を受けた心の傷をケアするお手伝いをします


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー