2018年「上総いちはら国府祭り」2日目中止の英断|ニコニコ視えちゃうセラピスト

ニコニコ視えちゃうセラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

LINEでのお問い合わせもこちらです。

2日後の13:00までに返信します。

お問い合わせ用ページ

2018年「上総いちはら国府祭り」2日目中止の英断

2日目を中止しただけでなく、
中止した2日目の昼間のうちに会場の設備機材を撤去して、
2日目の夜に最接近する見込みの台風24号に備えたことが、
まさに英断だったと思います。

2018年の上総いちはら国府祭りは、1日目のみ開催

「上総いちはら国府祭り」は、千葉県市原市の最大のお祭りとして、
上総更級公園とその周辺で開催されています。

第8回となる今年(2018年)は、
9月29日(土)・30日(日)の2日間開催の予定でしたが、
台風24号の接近による影響で荒天が予想されることから
2日目の30日(日)は中止となり、29日(土)のみ開催されました。

1日目の9/29(土)は、あいにくの雨でしたが、たくさんの人が傘をさしながら見に来ていて、賑わっていました。

2018年「上総いちはら国府祭り」1日目の賑わい

台風が来る前に、会場の設備機材を撤去

台風24号が千葉県市原市に最接近するのは、天気予報では9/30(日)夜とのことでした。
なので、2日目中止は
「用心しすぎじゃないか?」と、最初は思いました。

ですが、1日目の9/29(土)に会場に遊びに行った時に、
「2日目中止は、台風が来る前に会場の設備機材を撤去するつもりなのでは?」
と、ふと思ったんですね。

そこで、2日目の9/30(日)の昼間に、会場となった上総更級公園に行ってみたところ、会場の設備機材の撤去作業中でした。
(撮影日時:9/30(日)13:20頃)

「上総いちはら国府祭り」撤去作業中

やろうと思えば、2日目も開催できたかもしれません。
ですが、2日目を予定通りに開催した場合、設備機材の撤去は翌日の10/1(月)となるため、会場の設備機材が暴風雨にさらされることになります。

照明やテントが壊れるだけでなく、テントが飛ばされて近隣の家や施設などを壊す可能性もあったわけです。
そういった事故を防ぐために、一晩中、会場への人員配置が必要になったことでしょう。
その結果、災害対応の人手が手薄になり、「人手があれば助かったのに」という事態も起こり得たと思われます。

地元・千葉県市原市の素晴らしさを実感

今回の「2日目中止」の措置は、台風接近に伴う最大限の防災対応として、
まさに英断だったと思います。

地元・千葉県市原市の素晴らしさを、改めて実感しました。

(2018.10.01追記)
9/30(日)深夜の暴風は、家が揺れるほどすごかったです。
やはり主催者の判断は正解でしたね。


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー