頭の、正しい使い方|メール相談専門セラピスト

メール相談専門セラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

頭の、正しい使い方

頭の、正しい使い方。

それは、
自分自身の身体の負担を減らすために使うこと。

なぜなら、
そもそも脳が、腸の負担を減らすために作られているから。

・・・いや、そうとしか思えないんだよね。

「腸にも脳細胞がある」って話、聞いたことある?
それもあってか、
「腸は、第二の脳」なんて言われたりする。

でも、生物の進化に伴って脳が発達してきたんだから、
どう考えても、腸の脳細胞が先にあって、後から脳ができてる。

おそらく、生物の進化に伴って脳細胞を増やし続けると
腸の負担が爆発的に増えるから、
腸の負担を減らすために
脳細胞を頭に増やして、腸の機能の一部を移管したんじゃないかな。

「腸は、第二の脳」と言うより
「脳は、消化能力を持たない第二の腸」と言った方が正確なのかもしれない。

いずれにしろ、腸の脳細胞がメインで、頭の脳細胞がサブなんだよ、きっと。

言い換えれば、
腸の脳細胞が「社長」で、
頭の脳細胞が「外界との営業窓口」みたいな感じかな。

「栄養」という名の給料をもらっている以上、
社長(社腸?)のご意向に沿って働くことが求められるよね。

現代人は、脳をフル回転させすぎて、かえって腸に負担をかけている。
でも本当は、腸の負担を減らすため、
自分自身の身体の負担を減らすために使うのが、本来の使い方なんじゃないかな。

間違っても、ブラック企業に尽くすために使ってはいけない(笑)

P.S
セラピストになってから、ずっと考えてたんだよね。
「頭って、何のためにあるんだろう」って。

「心の思いが現実化する」
なんて聞いていると、頭が悪者扱いされているような気がして、
「それなら頭いらないじゃん」って思ってたんだよね(笑)

でもやっと、自分なりに答えが出て、なんかスッキリした(^^)v


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー