「思いが現実を引き寄せる」とは、現実的にはこういうこと|メール相談専門セラピスト

メール相談専門セラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

「思いが現実を引き寄せる」とは、現実的にはこういうこと

思いが変わると、現実の見え方が変わる。
そして、行動意欲と行動量が変わることで、出会う現実の量が変わっていく。

これからどんどん暑くなってくる、この季節で例えよう。

不機嫌な人は、
晴れの日に「あ゛~、暑くなる~」と、ますます不機嫌になり、
雨の日に「あ~、洗濯物が乾かない~」と、ますます不機嫌になる。

ご機嫌な人は、
晴れの日に「やった~、洗濯物がよく乾く~☆」と、ますますご機嫌になり、
雨の日に「わあ、涼しく過ごせる~☆」と、ますますご機嫌になる。

そして、
不機嫌な人は行動意欲が下がり、
行動量が減って、出会う現実そのものが減っていく。

一方、
ご機嫌な人は行動意欲が上がり、
行動量が増えて、出会う現実そのものが増えていく。

「思いが現実を引き寄せる」とは、現実的にはこういうことなんだね。

で、人が一番ご機嫌なのは、
罪悪感なく本音を出せている時。

ハイテンションでなくていい。
むしろ、温泉に入った時の
「あ~、気持ちいい~」みたいな感じの方が、ご機嫌をキープしやすい。

だから、無理のないところから少しずつ、本音を出していこう。
「罪悪感なく、本音全開」を目指して。

応援するよ(^^)v


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー