使えない上司は、「お偉いさんのご意向!」しか言わない|メール専門・本音のセラピスト

メール専門・本音のセラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

使えない上司は、「お偉いさんのご意向!」しか言わない

使えない上司は、「お偉いさんのご意向!」しか言わない。

こちらが何を言っても
「〇〇〇さんのご意向なんだよ!」しか言わない。
そうやって、お偉いさんのご意向をかさに着て、自分の意見を押し通す。

でも、そんな仕事では、業績は上がらない。
だって
「弊社の社長の意向なんです」
の一言で、おたくの会社の商品を買ってくれるお客さん、いるかい?

「お偉いさんのご意向!」しか言わない人の仕事は、
お偉いさんのご意向が通じない相手には、通用しないんだよね。

だいたい、何を言っても
「お偉いさんのご意向!」しか言わないなら、
あなたとお偉いさんの間にその上司、いらないよね。

どう考えたって、
あなた自身がお偉いさんと直接話した方が早いもんね。

大事なのは、
「お偉いさんのご意向を受けて、自分はこうする!」
と、上司自身の方針を打ち出すこと。
いわゆる「現場力」だね。

現場力がある人は、打ち出した方針に対して責任を取れる。
だから、部下の信頼も、お客さんの信頼も得られる。

「お偉いさんのご意向!」しか言わない人は、相手にしなくていい。
最悪、お偉いさんと直接話せばいいんだから。

そういう人は反面教師にして、
あなた自身は、現場力を磨いていくといいよ(^^)v


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー