ゆるゆるの時代における競争の目的|メール専門・本音のセラピスト

メール専門・本音のセラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

ゆるゆるの時代における競争の目的

時代が「ポジティブ」から「ゆるゆる」に変わると、
なぜ競争するのか、その目的も変わる。

ポジティブの時代における競争の目的は
ズバリ勝つこと。
生き残りをかけた戦争だったんだよね。

だから、人に優劣をつけていたし、足の引っ張り合いも起こっていた。

一方、
ゆるゆるの時代における競争の目的は
得手不得手を見極めること。

力を貸せることは何か。
力を借りるべきことは何か。
それらを知って、力を貸し合うための、情報収集なんだよね。

だから、競争はするけど
人には優劣をつけないし、足の引っ張り合いも起こらない。

みんなが生き残れる、優しい時代になったんだよね。
本音を出せば出すほど、力を貸し合えるんだよ。

だから「優劣をつけなくていい」とOKを出して、本音を出していこう(^^)v


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー