勾玉セラピー提供終了のお知らせ|メール相談専門セラピスト

メール相談専門セラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

勾玉セラピー提供終了のお知らせ

突然ではありますが、誠に勝手ながら、
勾玉セラピーに関するサービス

  • 勾玉セラピー(セッション)
  • 勾玉セラピスト育成講座

を、本日(2018年2月10日(土))をもって提供終了します。

約2年間のご愛顧、誠にありがとうございました。

勾玉セラピー提供終了の理由

わたしは先月の下旬まで、毎日「わたし達の勾玉セラピー」と称して、その日の参考になるセッション内容を、Twitter/Instagram/アメブロ/Facebookに投稿していました。

ところが先月下旬のある日、その投稿のためのセッション中に、胃に圧迫感のような違和感を感じ、その正体を投稿終了後に探った結果、「もう勾玉セラピーは続けられない」と悟りました。
(実はこれが、「わたし達の勾玉セラピー」の投稿を辞めた、本当の理由です)

その日から3週間ほど、「周知しようか、ひっそり辞めようか」「周知するとして、いつ辞めることにしようか」と迷っていました。

ですが、こんな状態で勾玉セラピーを続けるのは、お客様にも失礼ですし、勾玉セラピーの信用を落とすことにもなりかねないと判断し、本日突然の提供終了とさせていただくことにしました。

圧迫感のような違和感の正体

去年(2017年)の8月3日(木)に、とある人のセッションを受けた時、その人から以下の2つを言われました。

  • ときりんは、人の心が視える力(=身体で感じる力)を持っている。
  • でも、6歳の時以来、その力を自己否定している。
    (6歳の時のことは全く覚えていません)

それ以来、この力の自己否定の解消に努めてきました。
2か月後の10月からTM瞑想を始めたのも、その一環です。
この力を取り戻すことも、本来の自分に還ることの1つだと思ったから。

その結果出てきたのが、セッション中に感じた、圧迫感のような違和感でした。

自力で視えるのに、メソッド使ってんじゃねー!

という、この力からのツッコミだったのです。全く想定外でした。

人にはない力を取り戻した代わりに、
誰でもできる勾玉セラピーができなくなったわけです。
(勾玉セラピスト育成講座+道具代+認定講師育成講座で40万8千円使ったのに・・・)

わたしにとって勾玉セラピーは、この力を取り戻すためのステップだったようです。
そのために必要な、何人かのキーパーソンと出会うためのものだったんだな、と今は思っています。

わたしにも、勾玉セラピーの効果はあったんです(^^)v

ただ、効果の出方が、一般的な勾玉セラピストとは大幅に違っていただけです。

今後は・・・

わたしが勾玉セラピーを辞めるのは、わたしだけが持つ特殊能力の影響です。
ですので、あなたにはこんなことは起こらないでしょう。

勾玉セラピーを始めたい方は、安心して始めていただいて大丈夫だと思います。
(最終決定は自己責任で^_^;)

勾玉セラピーに興味がある方は、勾玉セラピー公式サイトの「認定講師一覧」ページから、認定講師に直接、連絡を取ってみてください。
陰陽統合の魔法で無意識の岩戸を開く【勾玉セラピー】

わたしのセッションをご希望の方は、
「サービスメニュー」をご確認の上、お問い合わせ・ご相談ください。


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー