お客様は神様です。ただし・・・|メール相談専門セラピスト

メール相談専門セラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

お客様は神様です。ただし・・・

お客様は神様です。

ただし、「神様」と呼ぶにふさわしい、神格を備えたお客様限定です(笑)

「お客様は神様だろ?あん?」などと言う疫病神や、
「もっと安くして!」「有料ならいらなーい!」などと言う貧乏神は、
お客様といえども神様ではありません。

三波春夫さんにとってのお客様とは

「お客様は神様です」というのは、歌手の故・三波春夫さんのフレーズです。

このフレーズの悪用については、三波さんも生前、悩んでおられたようですね。
三波さんのオフィシャルサイトでは、次のように説明されています。

 三波春夫にとっての「お客様」とは、聴衆・オーディエンスのことです。客席にいらっしゃるお客様とステージに立つ演者、という形の中から生まれたフレーズなのです。
 三波が言う「お客様」は、商店や飲食店などのお客様のことではないのですし、また、営業先のクライアントのことでもありません。

引用元:「お客様は神様です」について|三波春夫オフィシャルサイト

ここで重要なポイントは、

三波さんが「神様」と呼んだお客様は、「聴衆・オーディエンス」であり、「客席にいらっしゃるお客様」である、という点です。

つまり、

  • 三波さんの歌を聴きたいと熱望し、
  • コンサートの日時に合わせてスケジュールを調整し、
  • コンサート会場に時間とお金をかけて足を運び、
  • 規定の料金で先にチケットを購入してから、
  • 客席で三波さんの歌を傾聴する、

そういうお客様を、三波さんは「神様」と呼んだのです。

言い換えれば三波さんは、三波さんに対して神対応してくれるお客様を「神様」と呼んだわけです。

ここをきちんと理解すれば、「お客様は神様だろ?あん?」などと上から目線で言うような人には、この言葉を使う資格がないことがよくわかります。

自分の価値を感じられない

「お客様は神様だろ?あん?」などと上から目線でお店の人に言うような人は、そうしなければお店の人になめられているような気がして、自分の価値を感じられないのかもしれません。

また、お店側の人も、信念を持ってサービスを提供しているのなら、上から目線のお客さんを相手にしなくてもいいでしょう。

ですから、そういう人は、
「自分に価値があっていい」と、自分にOKを出してみてくださいね。

それでも心に引っかかりが残る人は、ご相談ください(^^)/

ただし、わたしは「お客様は自分と対等の人間であり、神様ではない」と思っていますので、そこんとこよろしくお願いします。


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー