鉛筆を右手で使う左利き。でも・・・|メール専門・本音のセラピスト

メール専門・本音のセラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

鉛筆を右手で使う左利き。でも・・・

鉛筆を右手で使う左利き。

でも、消しゴムは左手で使う人が多いようです。

鉛筆を右手で使う左利き。でも・・・

言われて初めて気がついた

わたしも、鉛筆は右手で使いますが、消しゴムは左手で使います。
とはいえ、自分では全然意識していませんでした。

中学2年の時、クラスの女子から

女1「時田、変わってるね」
時田「何が?」
女1「シャーペンは右手で使うのに、消しゴムは左手で使うんだね」
女2「ああ、時田は左利きだから」

と言われて、初めて気づいたんですね。
※「女1」は隣の席の女子、「女2」は小学1年から中学3年まで義務教育9年間同じクラスだった唯一のクラスメイト(女子)です。

わたしその後出会った、ペンを右手で使う左利きは、ほとんどが消しゴムを左手で使っていました。なので、消しゴムをどっちの手で使っているかをチェックすれば、高い確率で左利きを見抜けます。

親も、消しゴムまでは気づかない

なんでだろうと思ったんですが、たぶんこうだろうと思っています。

左利きを右にするのは、だいたい3~4歳ごろ。幼稚園生の頃ですね。この頃の筆記用具といえば、クレヨンですよね。

一方、鉛筆や消しゴムは、小学校に入ってから使い始めますよね。

なので、全部を右にしようとする親でない限りは、子供が消しゴムをどっちの手で使うかまでは気にしていないんじゃないでしょうか。

右手に鉛筆、左手に消しゴム

そういうこともあって、わたしは右手にシャーペン、左手に消しゴムを持って授業を受けたり仕事をしたりしてきました。

消しゴムを使う時、いちいち持ち替えなくていいので、わりと便利ですよ(^^)v


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー