たとえ憲法が改正されても、日本が戦争を起こすことはない|メール相談専門セラピスト

メール相談専門セラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

たとえ憲法が改正されても、日本が戦争を起こすことはない

終戦記念日ということで、憲法改正と戦争についてのネタを。

参議院選挙で与党が大勝して、憲法改正に向けてどうのこうのといったニュースが流れましたよね。
ですがわたしは、たとえ憲法が改正されたとしても、日本が戦争を起こすことはないと思っています。

理由は、

  • 原子力発電所が日本中にある。
  • 日本人の国民性を信じている。

の2つです。

原子力発電所が日本中にある

福島第一原発が東日本大震災の時に水素爆発を起こしたことは、覚えている方も多いと思います。

原子力発電所がどんなに破壊強度を上げたとしても、戦争による破壊までは想定外のはず。ミサイルのような破壊を目的とした兵器には耐えられないでしょう。そしてミサイルで破壊されたら、爆風で、水素爆発よりもはるかに広範囲に核物質がばら撒かれてしまうんじゃないでしょうか。

廃炉の中にも核物質はあるわけですから、廃止された原発や停止中の原発が破壊されてもやばいですよね。ましてや稼働中の原発にミサイルが撃ち込まれたらどうなるか・・・

今の日本は、戦争になったら、核兵器を使わなくても核で汚染できてしまう国なんですね。

ですから、戦争を起こす権利を持ったとしても戦争は起こせませんよね。

日本人の国民性を信じている

震災と言えば、被災者の様子に世界中が感嘆したことをご存じでしょうか?配給される物資をもらうのに被災者が列を作って並んでいる姿に、世界中が驚いたんですね。

「自分の国だったら絶対に暴動が起こっている。それなのに日本人は・・・」と、世界中の人たちが感嘆したそうです。

そんな国民性を持つ人たちが、たとえ戦争を起こす権利を持ったとしても、自国の利益だけのために戦争を起こすと思いますか?他国を侵略するための戦争を起こすと思いますか?

もっと自分たちを、日本人を信じてもいいのではないでしょうか。

1人1人が、心の中の対立をなくす

というわけで、たとえ憲法が改正されても、日本が戦争を起こすことはないと、わたしは思っています。

だいたい「日本国憲法」といっても、所詮は紙の上のルールです。
紙の上のルールでケンカが止められると思いますか?殺人や強盗だって法律で禁止されていますけど、現実になくなっていますか?

そう考えた場合、紙の上のルールに守ってもらおうなんて、甘いとは思いませんか?

ケンカを止められるのは「ケンカする権利はあるけど、ケンカをしない」という、1人1人の覚悟だけ。そのためには、1人1人の心の中にあるケンカの種、つまり心の中の対立を、政治家に任せずに、1人1人がなくしていく必要があるわけです。

わたしがやっているセッションとか、世の中に出回っているセラピーというのは、心の中の対立をなくしていくためのツールなんですね。

心の中の対立をなくしたい方は、お声掛けください。


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー