視えちゃう人・ときりん|視える力は誰かの笑顔のために

視えちゃう人・ときりん|視える力は誰かの笑顔のために

お問い合わせはこちら

LINEでのご相談もこちらです。

2日後の13:00までに返信します。

お問い合わせ用ページ

視えちゃう人・ときりん|視える力は誰かの笑顔のために

視える力は誰かの笑顔のために

「視えちゃう人・ときりん」と申します。

視えちゃう人・ときりん

幼稚園の先生に右に変えさせられた箸とペンを56歳で左に戻したら、視えちゃう人に戻れた男です。
視える力は、素性を聞かないニックネームのメールセッションで、誰かの笑顔のために使っています。
お気軽にご相談いただけるよう、わたし自身もニックネーム「ときりん」で活動中です。
(ちなみに本名は「時田 佳典」です)

わたしには生まれつき、視える力(透感能力/身体で感じる力)があります。
その力で、メールを通してあなたの心の声を感じながら、現実に即した癒しのアドバイスをしていきます。
だから、素性を聞かなくてもセッションできます。

「メール」または「LINE」で、
ニックネームでお気軽にご相談ください。

サービスメニュー

日程調整なしでセッションに入れるよう、
メールセッション専門で活動しています。

視える力(透感能力)とは

透感能力(クレアセンティエンス)とは、
五感では感じられないものを感じ取る、
4種類のサイキック能力(視える力)の1つです。

  • 透視能力(クレアボヤンス)
    イメージとして見える(思い浮かぶ)。
  • 透聴能力(クレアオーディエンス)
    音として聞こえる。
  • 透感能力(クレアセンティエンス)
    身体(体感や感情など)で感じ取る。
  • 透知能力(クレアコグニザンス)
    教わってもいないのに知っている。

個人的感覚としては
「思いついたことが当たっている」
という感じです。

視える力ゆえに、幼稚園の先生に箸とペンを右に変えさせられた心の傷が普通の人より大きく、「なんで俺ばっかりこんな目に?」と笑えない日々を過ごしてきました。

56歳で箸とペンを左に戻し、笑顔を取り戻せた今は、誰かの笑顔のために視える力を使っています。

黒歴史を含むプロフィール

ご相談はこちら

ご相談はこちらから、
ご相談フォームまたはLINEでお願いします。

ご相談はこちらまで

ご相談はこちら

LINEでのご相談もこちらです。

2日後の13:00までに返信します。