暴漢から、本気で生き延びるために。「殺されたら、そこで人生終了ですよ」|メール専門・本音のセラピスト

メール専門・本音のセラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

暴漢から、本気で生き延びるために。「殺されたら、そこで人生終了ですよ」

暴漢から本気で生き延びる方法は、2つしかない。
「逃げる」「殺す」のどちらかだ。

無差別に人を襲う暴漢の本音は
「平和そうに生きている人が妬ましい」だけ。

そんな理由だけで、人生を強制終了させられるのは迷惑だし、
そういう目に遭う人を見るのもイヤだよね。

暴漢の事情など関係ない。
殺されたら、そこで人生終了なのだから。

暴漢は、自分に刃向かう力がなさそうな人を襲う。
だから、まずは逃げ切ることを考えよう。

どうしても逃げ切れない時は、立ち向かうしかない。
その時は「暴漢の人生を終了させる覚悟」を決めないと、生き延びることはできない。
暴漢は、あなたの人生を終了させる気で襲ってくるのだから。

大丈夫。
暴漢が「人を襲う」という選択をした時点で、逆襲されるリスクは受け入れている。
だから、自分に刃向かう力がなさそうな人を襲うのだ。
遠慮はいらない。
殺っておしまいなさい。

暴漢が動かなくなるまで反撃したら、
暴漢が再び動き出す前に、すぐその場から逃げる。

警察や救急車は、呼ばなくていい。
呼ぶと、彼らが来るまでそこにいなくてはならないから、
その間に暴漢が動き出したら危険だ。

暴漢が死んだとしても自業自得。
気が咎めるなら、ニュースになってから警察に行く方が安全だ。

この投稿を読んで
「セラピストにあるまじき投稿」と思う人もいるかもしれない。
でも
「生命の危機」という状況では、本気で生き延びることだけが「癒し」だ。

本音のセラピストは、
人の命を危険にさらす輩に対してまでは優しくないんだよ。

わたしと縁を切りたい方は、ご自由に。


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー