今の世の中、左利きを右利きに変えるメリットはない(9日目)|メール専門・本音のセラピスト

メール専門・本音のセラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

今の世の中、左利きを右利きに変えるメリットはない(9日目)

箸とペンを左利きに戻す挑戦の9日目です。
56歳の挑戦!箸とペンを左利きに戻す(2日目)

やっぱり「やりたいようにやる方がスピーディーなんだな」と実感しています。

昨日から、左手で自分用のメモ書きをしています

左手で字を書く練習は終わりにして、昨日からは実際に、左手で自分用のメモ書きをしています。

先ほど、ひらがな・カタカナで50音を書いてみました。
まだゆっくりですが、読めますよね?(笑)

ひらがな・カタカナで50音を書いてみた

あとは実践あるのみですね。

左手でカップ焼きそばを食べてます

箸は、外食や家族との食事では、まだ右手を使っています。
左手で箸を使うのは、おやつでカップ焼きそばを食べる時です。

カップ焼きそばは、食べるよりも、麺にソースを絡めるのが大変です。
けっこう鍛えられます。

でもまあ、均等に絡めることができるようになってきました。

左手でカップ焼きそばの麺にソースを絡めたところ

食べる方も、右手より時間がかかっていますが、何とかできています。
ただ、指にまだ持久力がついていなくて、食べ進んでいくうちに、指が疲れてもつれてきます。

こちらも、あとは実践あるのみですね。

やりたいようにやる方がスピーディー

母親から聞いた話では、わたしが箸とペンを右に変えるのに1年ほどかかったそうです。
ですが、左に戻すのは、1週間ほどで前述の成果です。
約50年のブランクがあるのに。
(右に変えたのは4~5歳の頃、左に戻しているのは56歳の今です)

やはり、

  • 左→右:やりにくいやり方でやらされている
  • 右→左:やりたいようにやっている

の違いが、上達のスピードの差になって表れているように思います。

やりたいようにやる方が、成果もスピーディーに出るんですね。

左利きを右利きに変えるメリットはない

言いたいことは、タイトルの通り
今の世の中、左利きを右利きに変えるメリットはない
です。

今の世の中は変化が早いんですから、左利きを右利きに変える時間はもったいないです。
左利きのままの方が、成果もスピーディーに出るでしょう。

メリットありますか?


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー