一番伝えたいのは、「許せない」という本音にOKを出すこと|メール専門・本音のセラピスト

メール専門・本音のセラピスト|時田佳典(ときりん)

お問い合わせはこちら

サービスへのお問い合わせについては

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

一番伝えたいのは、「許せない」という本音にOKを出すこと

本音のセラピストとして、わたしが一番伝えたいこと。
それは、
「許せない」という本音にOKを出すこと。

日本では、学校でも社会でも、
謝ったら許すのが当たり前のように言われているよね。
そのせいで、
許せないのに許さなきゃいけない状況に追い込まれる人も、少なからずいる。
わたしもそういう思いをしてきた。何度となく。

でも本来、許せないものは許しちゃいけない。

例えば、いじめ問題。
再発防止を徹底するまで許さない姿勢だけが、この問題を解決できるんじゃないかな。

日本で起きている各種の問題は、
許せないものを無理に許していることが原因のような気がしてならない。

何か事件が起こった時に、加害者へのバッシングがすごいのも、
許せないものを無理に許している反動なんじゃないかな。
「コイツなら許さなくてもいいや!やっちまえ!!」ってな感じで。

だから、
「許せないものは、許さなくていい」と、OKを出していこう。

そうすれば最終的に、許せないこと自体がなくなっていくよ(^^)v


現在のサービスメニューは、こちらをご覧ください。

サービスメニュー